スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失恋  一部ネタバレ (追記あり)

こんばんま

タイトル「失恋」カテゴリ「増田貴久」て・・・
え~?!女性ネタ??

いえいえ、違います。皆さまが心配するような話ではなく、

しいていうなら、男ネタです(笑) ← え!?


まあ、妄想含む私的感想ですので続きに
ネタバレ注意 
ライブの内容を書いたものではありませんが、1曲曲名が入っています。
(昨日、ネタバレの意識なく、警告を忘れました。申し訳ありませんでしたm(__)m 9/8 23:21)

※ 続きの最後に補足説明の追記をしました。 (9/9 15:00)
********


秩父宮でのまっすーのshsreでの涙の意味

その後の挨拶の意味

そして新潟での挨拶の意味

初日のまっすーの様子

新潟でのまっすーの様子

いろんなことをいっぱい考えていました。



※ ここに書くことは私の全く個人的な感想です。違う意見や感想のコメントも喜んで受けますが、
攻撃はしないでね。メンタル弱いから~

shareは聞きながらやっぱり6人での姿が思い浮かんでしまったから
きっとまっすーもあの二人が目に浮かんでしまったんだろうな・・・
と思いました。現実に改めていない寂しさを感じてしまったのだろうと。
(そうじゃなくて、歌詞部分のみんなへの感謝の気持ちが溢れての涙と解釈してる人もいるけど・・)

挨拶で二人の歌割を歌うことがプレッシャーだったと言っていましたね。
でも、みんなが受け入れてくれて安心したと。
まっすーの口から聞くまで、そこまでプレッシャーだったとは思いませんでした。
あれだけテゴマスで難しい歌も歌いこなしているまっすーが、自分たちの歌を歌うのに、
そんなことを思っていたとは思わなかった。
でも、技量の問題じゃなかったんだよね。

前に、雑誌でNEWSのメンバーのだれの声が好き?みたいな質問で「山下君」と答えていました。
「山下君の声が聞こえるとNEWSの曲だなあって思う」と答えていたのを思い出しました。

確かに、NEWSの歌の中心的歌割で聞こえてくる山Pの特徴のある声はNEWSの歌のイメージを作っていたかもしれない。亮ちゃんの声もパンチと重量感があっていろんなキーポイントに効いていたと思うし。

そんな二人に代って歌うという事の意味が、どれほど重いか私にはわかっていなかった・・・
まっさらな新しい歌を自分なりに歌うのとは全然違う難しさがあったんだな・・・
そして、まっすーにとっては永遠に憧れのスターだった二人の代わりを自分たちが勤めなきゃ、
イメージを崩さないようになおかつ自分の物にしなければと言う思いもあったんだろう。

彼はそうやって、自分に割り振られた歌割を一つ一つ丁寧に思いをこめて、歌っていたんだろうな・・・

きっと初日は楽しいけれども、緊張もしただろうし不安もあっただろうと思う。

けれども、新潟で「NEWSの曲をファンが守ってくれていた」言っていた。
ファンが笑顔で受け入れるだけじゃなく、古くからの曲を一緒に歌ったり、
サビの振りを踊ったり、一緒にライブを作ってくれる。
新しい歌割にも声援や歓声や拍手を送ってくれる。
そういうものに助けられて、だんだんプレッシャーは自信に変わってきたのかな?
そんな風に感じました。

新潟公演、まっすーは心から楽しんでいる様子だったし、
特に2部はノリノリで、
jr.を従えてのキレキレのダンスとか活き活きとして嬉しそうで
すごく輝いていてオーラを感じました。


まっすーの初日の涙は他の3人とはちょっと異質なものだったんじゃないかな・・・

もちろん、4人でNEWSを作っていくという事で同じ方向を向いて
がっちりスクラム組んでいると思うし、異質な涙だったことが問題だとか言いたいのではないです。

あの時、崖っぷちに立たされてからのいろいろな思いは、NEWSを続けたい。NEWSを守りたい。
と言うところでは一致しているし、その後の話し合いでNEWSの方向性についても一致したんだと思う。

でも、それぞれいろんな風に考え、感じていた気持ちはちょっとづつ違う。
違って当たり前。

その中でもまっすーだけ特に決定的に違うことがあると感じたのは、
まっすーにとってはあの二人は単なる「仲間」ではなかったんだ。
憧れのスターで、絶対的存在だったんだ。
彼らを見るまっすーの目は時に恋する乙女のようだったもの。
あの二人を失った感情は「失恋」に似ているんじゃないかと思う。

(注)誤解しないでね、私BL趣味とかじゃない(つもり。笑)
   なんていうのかな~まっすーの好きな人への情の深さって男女とか超えてるっていうか・・
   こういう気持ちって普通の男子には理解しがたいのかな?

アイドルのお仕事としてはもうしっかりと前を向いてやっていて
4人のNEWSに迷いがあるとかそんなことではなくて
たぶん個人的感情の部分がまだまだ癒えてはいないんだろうな~って気がする。
そういうのって、もう大丈夫って思ってもふとした時に出てきちゃうものじゃない?


でも、新しい「美しい恋」が少しづつまっすーの「失恋」の痛手も癒してくれているよね!
チャンカパーナ達の愛のシャワーを浴びて、ますます輝いてくださいね!


・・・・・・

一つだけお願い。あの初日のまっすーの涙は彼にとってもファンにとっても宝物だと思うんです。
もう、いつまでも、あんまり弄って遊ばないで欲しいな・・・

Kちゃんニュースでやんわりと「そこ笑うとこじゃないでしょ、いいところだから」
って言ってたまっすーは大人になったな~と思ったけど、でも、本心は傷ついているんじゃないかと思う。
メンバー同士仲良くて弄られても平気になったのかな?って思おうとしたんだけど・・・

でも、やっぱり弄っていいこととそうじゃないことがあると思うんだよね。親しき仲にも礼儀ありっていうかね。
そういう所まで理解し合えると、もっと素敵なグループになれるのにな・・・って思います。

そして、MCでの話題も弄りは必ず一人をみんなで弄るのじゃなく、弄り合うかすかさずフォローをすべき。
出来れば弄りじゃない笑いをなるべく多くして欲しいなと思います。

******

<追記>
少し違った見方のコメントをいただいて、自分の偏った書き方を少し反省し、
補足説明を書かせていただきます。 (言い訳とも言う?苦笑)

コメントは公開していませんが、彼女へのお返事のつもりで追記を書かせてもらいます。
お返事からコメントの内容は大体察しがつくかと思います。概要を私が書いてニュアンスが違ってしまうといけないので書きません。
そのコメントは決して攻撃的なものではなくて、いつもNEWS全員への愛溢れているマス担さんからの
温かいコメントでした。私のマス担としての気持ちも充分に理解してくれた上でのコメントでした。


確かに「まっすーの涙」「だけ」が宝物ではないですよね。
初日のあの日、流した涙はメンバー全員、だけでなくて
スタッフさんや会場中のみんなの涙が宝物、いえ、会場だけでなくて
全国のファンの涙だって宝物。
ついつい、まっすー可愛さのあまりそこだけクローズアップしてしまったのは
わたしの「えこひいき」な感情かも知れませんね。

たまたまいろんな発言から思いを馳せてつい熱くなってしまったけれど、
私は「まっすーが弄られるのだけ」が嫌なわけではないです。

そもそも弄りの笑そのものがあまり好きじゃないんです。
まっすーもメンバーのこといろいろ弄ります。他のメンバーもそれぞれ、あるいは一緒になって弄る事もありました。その中でやっぱり笑えない、いい気がしないことも多々あります。
たとえば、慶ちゃんの復活の涙を弄るのもいけないと思うし、
シゲの運動が苦手な事を執拗に弄って笑うのもいい気がしません。

その他にも、ネバエンのDVDでシゲにたこ焼きや牛タン無理やり食べさせて涙目になってるのとかも、
私は笑えなかったし。

でも、いろんな方とのやり取りで、そういう感覚は人それぞれなのかな?と思う所もあり、いちいち引っかからずスルーする

ようにしていました。
けっこうSvsSなやり取りでも、ゲラゲラ笑えちゃうときもあるし、何がよくて何がいけないなんて勝手には言えないところもあり・・・

だから、今回の事もメンバー同士がよければファンがどうこう言う問題じゃないのかも知れません。
今日になって東京のイベントではまっすー自身が自分の泣きの真似(?)をして笑ってたという話も
目にしました。まっすーも楽しんでいるのかな? それか、男の子だし、みんな恥ずかしいからわざと笑いに持って行っちゃってるのかも知れないですね。


でも、やっぱり、できれば弄り笑いに走らず、もっと違うことでほのぼのと笑わせて欲しい気持ちはあります。

6月頃にシゲがラジオで昔MCで弄られて嫌で、トイレで泣いたっていうのを聞いたときに
一度弄りについて記事を書きかけたんですが、上手く考えがまとめきれず下書きに眠ったままになっています。
その時には、今になって昔のことをあれこれ言うより、とりあえず4人のライブの様子を見てみよう。
と言う思いもあって、変わって欲しいと勝手に期待していたところもあったんですよね。
だから、今回の事に限らず、弄り笑いに走りがちなのが嫌だったんです。
でも、今まで他の事をスルーしておいて今度のことだけ感情に任せて書いてしまったのは
やっぱり私の「まっすーえこひいき」のモンペア的な感情だったと反省しています。


また、長々とまとまらない文章を書いてしまってすみません
えらい、重すぎるお返事になっちゃいました
読んでくださってありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちわ!

自分も考えてました。
ずっと気になっていた言葉があって・・・

少クラの時のまっすの言葉
二人が抜けるという話を聞いたときに
『ショックが大きかった・・・僕たちにも、もしかしたら原因があったかもしれない。』

でも4人でNEWSをやっていくと決めて
あの二人も歌った今までのNEWSの曲を大切に守っていきたい。
でも、ファンの人に対して、あの二人がやめてしまったのは
自分のせいかもしれないのに、あの二人のパートを歌っていいの?
これで、大切にしてる、守っているって言えるの?
そんなプレッシャーがあったのかな・・・って。

でもライブで歌っていく中で、
二人が抜けた原因なんて関係なく、
みんなが受け入れてくれている事を実感して、
そして自分だけが守っているわけではなく、
NEWSの曲をファンが守ってくれていた。と・・・
肩の荷が下りたかなと、これを聞いて安心しました。

すみませんv-356
なんか話ずれちゃってますねv-356
なんだか自分でもうまくまとめられなくてv-356

でもぶらうにいさんのレポを読んでいて
新潟の二部からは、大丈夫だったんですよね!!
元気なまっすですよね!!

みんなで美しい恋の続きをしましょう!!

トキメキメッセ(3)も読ませていただきました!!
ありがとうございますv-410
でも、やっぱり自分は(2)の方が大好物なので、
あれからもチョクチョクおかわりにいかせてもらってますv-402

下町の小さい定食屋のおばちゃんが、携帯を見ながらニヤニヤしていたら、それは私です。
ぶらうにいさんのせいですから~v-411

長々としつれいしましたv-356

Re: 非公開Mさんへ

Mさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
Mさんも同じように感じていましたか。
二人への思い入れが強いからこそ、不安だったのでしょうね。
秩父宮でも充分4人でやっていけると実感できましたが、
新潟での挨拶や、まっすーの様子を見て更に前へ進んでいると実感できました。


Re: ぱーぷるさんへ

ぱーぷるさん、こんばんは
コメントありがとうございます。


> 『ショックが大きかった・・・僕たちにも、もしかしたら原因があったかもしれない。』
 -この言葉は私も引っかかっていました。そういう風に考えるのがまっとうな大人なんて
ブログには書いたけど、まっすーはそんなに冷静にそう思ったんじゃなくて、
すごく自分を責めていたのかも知れないですね。

> でも、ファンの人に対して、あの二人がやめてしまったのは
> 自分のせいかもしれないのに、あの二人のパートを歌っていいの?
> これで、大切にしてる、守っているって言えるの?
> そんなプレッシャーがあったのかな・・・って。
 う~~ん、発言していることだけからそこまではわからないけど、
でも、そんな風になやんでいたかも知れないですね。
単に責任の重さのプレッシャーだけじゃなくて、いろんなファンの気持ちを考えて、
どう思うんだろうって不安だったのかも知れないですね。

> そして自分だけが守っているわけではなく、
> NEWSの曲をファンが守ってくれていた。と・・・
> 肩の荷が下りたかなと、これを聞いて安心しました。
 -そう、それです、一人で必死に背負ってプレッシャー感じてたものを
少し下せたのかなって思います。

> なんだか自分でもうまくまとめられなくてv-356
 -いえいえ、私自身考え上手くまとめられなくて、きっとコメントくださる方がいるだろうと、
一緒に考えたいと思って書きました。

> 新潟の二部からは、大丈夫だったんですよね!!
 -いつから、ってはっきりしてるわけじゃなく、だんだんとだと思います。
1部より2部がよかったのも、彼はスロースターターなとこあるからかなとも思いますし。
きっとこれからの公演でもますます進化していくんだと思います。

> あれからもチョクチョクおかわりにいかせてもらってますv-402
 -あらあら、そんなに美味しかったですか?食べ過ぎに注意してくださいね。
お腹じゃなくて、頭こわしますから(笑)

> ぶらうにいさんのせいですから~v-411
 -あらら、どうしよう、旦那様に謝りにいかなくちゃ! お皿割ったり、おつり間違えたりしないように気を付けてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 非公開Yちゃんへ

Yちゃん、コメントありがとう。
意見の違うコメントはしづらいところをよく書いてくれました。
そして、ブログが荒れないようにという配慮もありがとうございました。
私、いつもYちゃんのメンバー全員への愛、素敵だな~って思っています。
見習いたいと思いつつ、私はどうしてもつい「えこひいき」になってしまって・・・
自分の記事のか書き方への反省もありますので、みんなにも読んでいただけるように
Yちゃんへのお返事を兼ねて、追記を書かせていただきますのでそちらをご覧ください。

No title

私も弄りの笑いは好きではありません。
まっすーが弄られるのも、まっすーが誰かを弄るのも嫌です。

今や日本では芸能界だけでなく社会全体に弄りの笑いが蔓延していますから
彼らばかりの責任ではないのかもしれません。

以前、新大久保でちょっとお話した帰国子女の話、
出来れば他の方にも知ってほしいので、ここに書かせて下さい。

欧米アジア各国からの帰国子女による座談会の記事の一部です。

「日本に帰って来て何が一番嫌だったか?」という質問に対して
それぞれ異なる文化圏からの帰国だったにも関わらず口を揃えて
「いじり」と答えています。

不愉快な言葉の暴力を「いじり」と言い、それをされた側が
笑って受け止めなくてはならないのはおかしい、と。

他人を落として笑いを取るという文化があるのは
世界中で日本だけのようです。
そういう風潮がある限り、いくらTVで「いじめをなくそう」
と呼びかけても無意味じゃないかという気がします。

シゲがトイレで泣いた話、私もとても気になっていました。
メンバーはそれを知っているんでしょうか。
仲間の痛みを知らないで、4人の絆を強調ところで
本当に大丈夫なのか?と思いますし、知っていてなお
弄り合いを続けているならもっと不安です。

親しき中にも礼儀あり、そう願いたいですね。
我が身の反省も踏まえつつ。

Re: rieさんへ

rieさん、こんにちは
貴重な意見をありがとう。


話が一般的な弄り論まで発展してしまうと、
軽々しい発言はできないので、そういうこともあって、
私は以前に上手く考えをまとめられず、
記事のUPを断念したんです。

帰国子女の方達がみんな弄りが嫌だったと口を揃えていっているのは悲しいですね。
違う文化圏から帰国して、いろいろ慣れない帰国子女を弄るって言うのは本当に残念です。
それは特にやってはいけないことだと思います。周りが思いやりを持たなければいけない、そういう教育をしなければいけないですね。

でも、弄り笑いは「日本にしかないらしい」という理由で全面否定していいのか?
と言うのは難しい問題です。
「弄り」とは違うけど、イギリス人なんかも考えられないほど凄いきつ~いジョークを言ったりする文化があって、ちょっとついていけないと感じたこともありますから。
個人的には好きじゃないけれども、
文化の違いということもあるとは思うんです。日本の中でも、関西の人とかはわりに小さい時から、
弄り弄られる愛情表現に慣れているのかもしれませんね。

そこに明らかに愛情があって、弄られる方も嫌がってない場合もあると思うんですよね。
私も時々、テゴマスのらじおでまっすーがあらっちを弄って遊んでいるのを聴いて、
自分も弄られてみたいと思うこともあります(笑)
弄られて楽しかったり、オイシイから、弄って弄って~って言う場合もあるので。
可愛い子、好きな子を弄ってしまうっていう。だから、今回の事も弄った方からしたら、
まっすーが可愛いから弄りたくなっちゃったのかな・・・とは思うんです。

複雑で繊細な日本人独特の愛情表現のひとつだったり、
笑の文化だったりする場合もあるとおもうので・・・
行き過ぎのキツイ弄りが蔓延する風潮はどうかと思うけど、完全否定もできません。
でも、とても扱いの難しい種類の笑だと思います。


相手が嫌がっているのに執拗に弄るのは、すでに「いじめ」になってしまいます。
ただ、「嫌がっている」かどうかの判断が難しい。

だから、みんなを笑顔にしたいなら、あえてそんな難しいことで笑いを取らなくていいとは思います。
芸人じゃなくて、アイドルなんだから。

なんだか、焦点がずれたお返事になっちゃったかも知れません。
長々と失礼しました。










No title

2人が抜けたときのまっすーの感情って私たちファンに似ているなと思いました。憧れの対象だったんだろうなって。このライブでファンの愛情を一杯もらっていっぱい自信もつけて失恋から立ち直ってもらいたいですね。
弄りについて。
私もそー思っていました。
でも、それは仲のいい証拠だよ。といわれて。
でも「う~ん・・・」て感じで。
頭が古いからかな、人と違うのかなって思っていましたが、
同じふうに思っている人もいるんだって思って思わずコメントしちゃいました。

はじめまして

はじめまして。ななと申しますv-238

いつも 「これはどうなんだろ~」とモヤモヤするとき、
ぶらうにいさんが 私の思っていること、言いたいことを
スパッとまとめてくれていて 
「そうそう、そうなのよ!」とつぶやいてしまいます。

いつも楽しく読んでいるのですが ちょっと今回だけは
コメントさせていただきたくて。

『ショックが大きかった・・・僕たちにも、もしかしたら原因があったかもしれない。』
という 他のメンバーとは違うまっすーの言葉が
ずっとひっかかってました、私も。

秩父宮、新潟1、2部を参加して・・・ 
まっすーの涙については まさにぶらうにいさんの言う通り!
と思いますし そのことについて「笑い」にするのは
どうなのかなぁ・・・

ただ、まっすーはひとつひとつライブをこなしながら
気持ちを整理して前に進んでいるように感じますねv-266
ブレない男、増田ですから!

それが「ここにきていっしょにうたおう、ずっとね」っていう
みんなへのメッセージにつながるんだと思うんですよね。
泣いたり、笑ったりしながら そっと背中を押してくれる、
まっすーに、ありがとう!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: とんぼさんへ

とんぼさん、はじめまして^^
コメントありがとうございます。

> 2人が抜けたときのまっすーの感情って私たちファンに似ているなと思いました。憧れの対象だったんだろうなって。このライブでファンの愛情を一杯もらっていっぱい自信もつけて失恋から立ち直ってもらいたいですね。
 ーそうですね。ファンに似てる。その方が的確な表現かも知れないですね。
しかも、熱心なヲタクファンね。恋愛って言うと変な風に誤解されちゃうかもだし(笑)
要は単なる仕事上の大切な仲間、というのに+αの感情が大きかったんだろうなと。
でも、ライブをすると直接ファンからの愛っていう最高の治療薬をいっぱい浴びられるから、
きっと立ち直っていってるんだと思います。

> でも、それは仲のいい証拠だよ。といわれて。
> でも「う~ん・・・」て感じで。
 -そうなんです!私も言われました。
確かに今の4人は本当に仲良くて、だからお互い弄り合うのも愛情表現のうちって思うところはあるんだけど、
でも、それでも触れて欲しくない領域ってのがある気がして、なんだか納得がいかなくてモヤモヤしてしまうんです。
頭が堅いのか、考えがふるいのか・・・とも思ってしまうけど。
年齢ではなく、感覚の違いかな。と、思いたい(笑)

Re: ななさんへ

ななさん、はじめまして^^
コメントありがとうございます。
いつも共感してくださって、ありがとうございます。

> 『ショックが大きかった・・・僕たちにも、もしかしたら原因があったかもしれない。』
> という 他のメンバーとは違うまっすーの言葉が
> ずっとひっかかってました、私も。
 -ですよね。冷静に、ちゃんと自分たちの否も考えれられるんだ、素敵だな、大人だな。って思うと同時に、自分を責めて苦しんだんじゃないだろうか?とかも、考えてしまって・・・

まっすーの涙を「笑い」にすることについては、いろんな感じ方があると思いますが、
私はなんか素直に受け入れられませんでした。 たぶん、マス担さんには同じ思いの人が
少なからずいると思います。

でも、まっすーはちゃんと前に進んでいると思います。
心配しすぎることはないですね。
 
> それが「ここにきていっしょにうたおう、ずっとね」っていう
> みんなへのメッセージにつながるんだと思うんですよね。
 -そうですね。いろいろ考え、泣いたりしながら、結局そこにたどりついてくれてる。
って思います。嬉しいよね。

Re: 非公開yちゃんへ

yちゃん、こんにちは

全然、すごくなんてないですよ。自分の考えもまとまらないまま書いてしまってます。
でも、きっとコメントくださる方がいると思って、一緒に考えたいと思って書いた感じです。

さすが、「お笑い文化圏」で育った方の意見。
yちゃんの感覚でいる人も多いと思います。

そうですね。仲のいい間柄には愛情のある「弄り」がありますよね。
今の4人の仲のよさなら、お互いに愛ある弄りも可能だと思います。
今、一番楽しくってしかたなくてはしゃいでるんだろうなって思うから、
バカやってるんだろうなと思います。
もしかしたら、まっすーの泣き真似も実際に見たら笑えちゃったのかもしれません。
でも、やっぱり私の感覚では、あの部分は弄って弄ぶところじゃないなと・・・
文章で紹介されちゃったから伝わらなかった部分もあるのかな~って思います。
慶ちゃんは仲良しでわいわいやってるところを、よかれと思って紹介してくれたんだって言うのはわかるんだけど、やっぱり微妙な雰囲気伝わらないかも・・・

昔のことは詳しくはわからないんだけど、確かに昔の弄りに比べたら、
今はメンバー間に愛情感じられて、弄られる方も受け入れが出来る状態で
やっているから全然違うとは思います。

でも、無理してないかな?ってちょっとだけ心配になっちゃって・・・

まっすーの「自分たちにも悪いところがあったかも・・・」の言葉は、
つい、4人だけを擁護しがちなファンに目を開かせてくれたと思います。
誰が悪いっていうような明確な事じゃなくて、なんとなく二人が居ずらい空気みたいなのがあったのかもしれないですよね。それをそのままに、改善できなかったって言うかね・・・
そういう風に考えられるまっすーは素敵だなって、プレミアムで聞いたときはそう思いました。
でも、まっすーの初日の涙を見て、いろいろ考えていたら、もしかしたら、まっすーはすごく自分を責めて苦しんだんじゃないか?って思えてしまって胸が痛みました。

まっすーの涙する姿があんまり可愛いすぎるからいけないのよね!(笑)
ハート鷲掴みされちゃって、あれこれ考えすぎます。
プロフィール

ぶらうにい

Author:ぶらうにい
NEWS、テゴマスの増田貴久クンを応援しています。2009年秋頃からのファンです。
まっすーのお母さん世代のおばちゃまです。家族は夫と今年20歳になる娘1人(マカロンの名前で登場)の3人。

お返事はコメント欄のコメントのみさせていただき、拍手コメントのお返事は原則失礼させていただきますm(__)m  でも、すべてのコメントは楽しみに必ず読ませていただいています。

現在、コメントは認証制にさせていただいています。公開にふさわしくない内容や、ブログの内容に関係のないコメントは非公開、または削除させていただく場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。