スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「灰色のカナリア」ネタバレ感想(1)6月19日

灰色のカナリアのネタバレ感想ですが、千秋楽後のUPを予定しているので、
ストーリーのあらすじなどは省略させていただきます。
他にとても丁寧に書いてくださってるブログがありますので、そちらをご参照ください。
観に行ったときの自分の気持ちをそのままに書いてみます。


【観劇データ】
1回目 6月19日 14:00公演
2階 下手側見切れ席 下手側真横から舞台を見下ろす感じ



続きに感想

【1回目 6月19日】
初見で一番印象に残ったのはやはり、増田さんの歌でした。
これは期待以上でした。もちろん、期待していましたよ。
でも期待通りではなく、期待以上だったのは、コンサートで聴く歌とはまた別の魅力を感じられたからです。
歌に関しても、新境地をもう一つ開拓できたんじゃないかと・・今後にもつなげられると思いました。
小さな劇場で語りかけるように歌う優しい温かい歌声は彼ならではと思いました。
アカペラの歌もすてきだったし、
台詞代わりの歌の部分がとってもよくて、なんて優しい語りかけなんだろう・・って
いまでも、「あのね、カナさ~ん♪」って声がずっと耳に残ってる。

ギターもすごく綺麗な音色が聞こえてきて、ビックリしました。
心配で仕方なかった弾き語り、思った以上の出来に感動しました。
ただ、席の関係で背中を見る形で、ギターを弾く手も歌う表情も全く見えなかったのは残念でした。

歌とギターについてはまた別項目も設ける予定です。

この日は下手側2階最前列の端っこの席。舞台をほぼ真横から見下ろす感じでした。
上からだったので、登場のベッドの中にいる藤井君もよく見えて、
もう、この時点で「寝起きのまっすー」(違う、藤井君です!笑)に激萌えしてしまった不謹慎者でした。
「う~ん、何時?」って声が~たまらん!!
 グーッと伸ばした目覚ましを探る手が~
なんかリアルで一瞬にして「パンプキン」や「チキンボーヤ」の朝を妄想してしまうイタイヲタク・・

目覚めた藤井君、ちゃんとパジャマを着ています。ほっ!その上ご丁寧に下には黒のタンクトップ、
ガードは堅かった・・・
と思ったたら、「ぎゃーーー!(大丈夫、心の中で叫んだだけですからね)」
ズボンはいてなーーい!! 目に飛び込んできた生足がまぶしすぎて、
こうきたか!と反則技にドキドキ、アワアワ・・・
その後のカナと藤井君のやりとりをいくつか聞き逃してしまいました(苦笑)

何故朝起きたらカナの部屋にいたかは
いろんな場面でポツポツと解かれていくんだけど
その間にカナの経歴や藤井君の仕事内容がだんだんと解っていく
いろんな人がどんどん登場して、謎が深まり・・・
このストーリー展開がね~結構複雑で頭が混乱しました。

基本、1回だけの観劇で完結すると考えると、この脚本ちょっと欲張りすぎてやしないか?
いろんな要素を詰め込みすぎて、かえって中途半端なのでは?とモヤモヤが残りました。

実は、まっすーの演技は・・・・と落ち込みました。
またヘタレ役、草食系の役柄なんだ・・・と。
可愛いですよ、そりゃ可愛いんだけどさ
なんていうか判で押したような定番の芝居。
なにか違和感を感じました。
なんだろう・・・台詞を喋っている藤井君にはイマイチ魅力を感じることが出来ず、
(いろいろキャーと思うシーンはまっすーとして見てしまって思っている)
歌っているときの素敵さと繋がらないというか・・・


ネタバレ回避も善し悪しだなと思ったのは、回避する代わりにドンドン自分で
期待を膨らませ、妄想ストーリーの中で、まっすー演じる藤井君が妄想演技を繰り広げるほどに
私の希望的「灰色のカナリア」を創作してしまってたんですよね~

ちょっと自分勝手に自分好みに期待しすぎました(苦笑)

そして、自分の好きなアイドルの芝居を見行く難しさを感じました。
ずっとネタバレ回避していたので、かえってお友達から入る情報は
まっすーが可愛かった、歌が感動した、以外はマス担的ピンポイント情報(変態目線ともいう 笑)が多く、
すっかり観劇の姿勢よりも
久しぶりに「生まっすー」に会いに行く♪って気持ちでワクワク、ドキドキ


私が間違っていたんです。それまで、私が観てきた「生まっすー」は
コンサートのステージに立つキラキラの絶対的オーラのまっすー、客席にダイレクトに愛を振りまく「アイドル増田貴久」そのもの、
どうも「久々にまっすーに会う」気持ちがそれを求めてしまっていたようで・・・

けれどもそこに立って喋っているのは「ヘタレな青年藤井」
けれど、演じているその人は息遣いさえ伝わりそうな狭い空間にいて、

今まで経験したことのない妙な感じに混乱しました。

そして、芝居に集中しようにも、あんなカッコで出てこれたら絶対無理でしょ!
特に初見は衝撃が大きすぎました~

だから、私は藤井をちゃんと見れていなかったんだと思います。


ああ、もう一回チケット取れていてよかったと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ぶらうにいさん こんばんま

 私は、今回の舞台ネタバレして望んだほうです。。
 まあ・・ストーリーのネタバレは無かったんですが v-12

 自分が1回のみの観劇だったので、全部見聞きできる
 自信がなくて、絶対見落とすv-12って
 思ってました・・
 でもやっぱり細かいとこまで見えて無かったと思います。。
 ストーリーは理解できましたが・・
 う~ん。。もっと行きたかったよ e-443

 

No title

>自分勝手に自分好みに期待しすぎました

まさしく私もその通りでした。
観る前は「壊れたーい」とか言ってたもんね(笑)
前半1回だけの観劇だった私の感想は、ぶらうにいさんの1回目の感想と
よく似ています。

公演を重ねるにつれて芝居がどんどん進化しているという評判を聞いて
とても嬉しく思う反面、ちょっと悔しかった…。

今の気持ちは「DVD出して下さーい!」です。
「ジェイルブレイカーズ」がDVD化されているので希望を持ってます。

Re: あまみままさんへ

あまみままさん、おはようございます^^
お返事遅くなってごめんなさい!

ネタバレして観に行ったのは正解だと思います。
それでも、1回だけだと細かいところは見逃しはありますよね・・・

でも、誰でもが何回も見に行けるわけではないですよね。
やはり、遠い方お仕事が忙しい方にはなかなか・・・ですよね。
私は今回は行ける条件がそろった幸せ者でした。


Re: rieさんへ

rieさん、おはよう^^
お返事遅くなりました。
期待するのは当たり前だけど、あんまり自分好みに勝手に妄想膨らませ過ぎはダメですね(笑)
思えば、ちょうど「26歳大人になる誕生日」目前というのが、妄想に拍車をかけていたかもですw

rieさんも後半にもう1回見れたらよかったですね・・・
そうそう!「ジェイルブレーカーズ」DVD出てるんですよね~
私もそれを知って、もしかしたら・・・ってちょっと期待!
各方面に希望を出せば、叶うかな?
歌はまっすーに頼めばマスヒツで歌ってくれそうかな~
とメールを送ってみました。
プロフィール

ぶらうにい

Author:ぶらうにい
NEWS、テゴマスの増田貴久クンを応援しています。2009年秋頃からのファンです。
まっすーのお母さん世代のおばちゃまです。家族は夫と今年20歳になる娘1人(マカロンの名前で登場)の3人。

お返事はコメント欄のコメントのみさせていただき、拍手コメントのお返事は原則失礼させていただきますm(__)m  でも、すべてのコメントは楽しみに必ず読ませていただいています。

現在、コメントは認証制にさせていただいています。公開にふさわしくない内容や、ブログの内容に関係のないコメントは非公開、または削除させていただく場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。