スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況など

こんばんは

チェーンメールを送ってしまった事で、少し凹んでいた私に皆さまから、
なんにしても「節電をするのはいいこと」と励ましのお言葉いただきありがとうごさいました。

けれども、こんなときだからこそ、ブログで情報を発信するのはよほど慎重に確認して、
責任を持ってしなければいけないと思いました。


コメントに具体的な節電方法書いて下さった方もいました。
夕飯の炊飯時間をずらす。つまり、夕飯時間のピークに炊飯器が稼働しないよう、
炊きあがりを5:00にセットする。これだけでも、ピーク時の電気使用量が抑えられるんですね。

停電は瞬間の総使用量が抑えられれば防げるわけなので、この考え方も大事ですね。
「節電」と言うより「分電?」時差使用ですね。


計画停電が始りましたが、我が家の地区は昨日も、今日も停電はありませんでした。
いまのところ、家にいる分には普通に生活ができます。

物資不足のニュースを見て心配してくださるお友達、ありがたいです。
我が家は今のところ、大丈夫です。

停電にそなえて、懐中電灯、電池、ろうそく(こんな時役立つブライダルキャンドル。笑)、マッチ
手動充電器、ラジオ、バッチリ用意できています。
非常用に飲料水、非常食なども、日頃から多少準備していますし、少し買い足しもして充分です。



***********


しかし、不自由と言う言葉をほとんど知らずに育ってきたマカロンは
「しょうがないんだよね・・・」と言いながら、元気がないです。
学校が休みでも、友達と出かける事もできないし、楽しみにしているTV番組もなし。

出かける用と言えば買い出しの手伝いばかり。
女子だけど、結構な力持ちで、重たい水のボトルも担いでくれて、こんな時は助かります。

そして、今日は卒業式の予定でしたが、無期延期の状態。
まあ、マカロンは一貫校なのでさほどのショックはないですが、
時期柄被災地で卒業式どころではなくなってしまった子が沢山いるんだろうね~と話していました。

こうして普通の生活ができてる事が幸せなんだと思わなきゃ。
これを機会にそういう教育もしなきゃいかんなと思いました。



***********


だんだんと、みんな精神的に疲れてくると、不満が出たり、人を責めたりになりがち。
停電の情報も電車の運行状況も情報が分かりにくく、大変です。

でも、対応が悪い、情報が遅い!と責める気持ちもわかるけど、
きっと関係者はみんな必死に走り回って対応に追われているんだと思う。

原発の事故は願いとは裏腹に、とんでもない事になってしまっているけれど、
現場の関係者はきっと必死でなんとか最悪の事態を防ぐために寝ずに頑張っているんだと思う。

そして、その方達にも家で心配している家族がいる。

ウチの柿Pさんも、地震があるととても忙しくなる仕事をしています。
休日返上、早朝から深夜まで仕事に追われています。泊まりもあり。
今日は何時に帰るの?ではなく、今日は帰れるの?な状態。
しばらくは母子家庭状態が続くと思われます。

久々に妻としても殊勝な気持ちになって、
家は私が守る!と、気持ちをひきしめています。
私も出来る限りのサポートをせねばと思っています。


続きに拍手コメレス







☆3/13 Aさんへ
 ご心配ありがとうございまいた。日ごとに悲惨な被災地の状況が分かる程に、
私たちの帰宅難民事件など、ハナクソみたいなもんだったと思います。
 阪神大震災を経験している関西の方達の励ましはとてもあたたかい。
ありがとう。まだ、停電など少しの不便が長く続きそうですが、頑張ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

停電は、本当に不便で大変だと思いますが、がんばってくださいね!
北海道は、停電も余震もなくて、何だか申し訳ない気持ちになったりしますが、同じ苦しみを味わって共感するばかりでは、前に進めない。
出番が来るまで日常を大切に過ごして、ささやかな応援を続けられたら…と思います。

Re: サツキさんへ

kんにちは

停電、いろいろそなえて構えてますが、今のところ家の地区は実施されていません。
このまま皆が節電すれば、すこしでも停電は回避されるのかな、と思い、節電に努めています。

サツキさんのブログの「船」の記事を読んで衝撃を受けました。
漁師さんは命懸けで船を守るのですね。

いろいろな事を考えさせられます。
当たり前の生活ができることのありがたさ噛みしめて、自分にできることをしていきたいですね。


> 停電は、本当に不便で大変だと思いますが、がんばってくださいね!
> 北海道は、停電も余震もなくて、何だか申し訳ない気持ちになったりしますが、同じ苦しみを味わって共感するばかりでは、前に進めない。
> 出番が来るまで日常を大切に過ごして、ささやかな応援を続けられたら…と思います。
プロフィール

ぶらうにい

Author:ぶらうにい
NEWS、テゴマスの増田貴久クンを応援しています。2009年秋頃からのファンです。
まっすーのお母さん世代のおばちゃまです。家族は夫と今年20歳になる娘1人(マカロンの名前で登場)の3人。

お返事はコメント欄のコメントのみさせていただき、拍手コメントのお返事は原則失礼させていただきますm(__)m  でも、すべてのコメントは楽しみに必ず読ませていただいています。

現在、コメントは認証制にさせていただいています。公開にふさわしくない内容や、ブログの内容に関係のないコメントは非公開、または削除させていただく場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。