スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッフェル塔に呼ばれてた

おはようございます

昨日のマスヒツでパワー100まで行っちゃったぶらうにいです。
もう、書きたい衝動をおさえられないぞーー!

昨夜は旦那&娘の「早く寝ろ」攻撃が厳しくて、一応寝たふり、布団の中から携帯でポチポチ、
なんなんでしょうね、このエネルギーは。女子高生かっ!(笑)


きのうの話詳しく

(注)録音はしていないので、細かいところはあやふやです。
   ニュアンスで書いてるので、ご了承ください。


昨日は「ヨーロッパ珍道中」を歌を挟んで「その1、その2」と豪華2本立てで
テンション高くいっぱいお話してくれたの。

<その1>
1週間ほど休みをもらって、スウェーデンのマルメに2日、ストックフォルムに2日、パリに2日滞在したそう。

スウェーデンでは家並みを、「住むならって前提で」「これはデカ過ぎるな・・」とか眺めながら散歩したりして過ごしたとか。ホントに住む気でいる?(笑)

で、パリ。
まっすーてば、前は富士山に呼ばれてる気がしたけど、
今度はエッフェル塔に呼ばれてたらしい(笑)まっすーらしいね。
エッフェル塔に向かう途中、凱旋門が見えた時点ですでにパワー100まで行っちゃったって(笑)
エッフェル塔は見えた瞬間から凄いパワーを感じたそうで、パワーメーター振りきっちゃったのかな(笑)
これでもかってくらい、たくさん写真を撮ってきたそうな。
なんか可愛いねえ~~
まっすーってホント理屈抜きに「その場所に自分がいる状況」そのままが嬉しいんだね。
そのパワーをどんな風に放出してくれるんかな。楽しみだな~

2日目はベルサイユ宮殿に行ったそうです。
ベルサイユの敷地の広さにそうとう驚いたみたいで、
中を車や馬で移動するとか、川が流れてるとか、
その広さを必死になって説明しようとするんだけど、うまく言えなくて結局自分で
「『増田何言ってんだ?』って伝わってないでしょうね~興味のある人は行ってみてください!」
だって(笑)そんな簡単に行けるかっ!

<その2>
これが、昨日書いた空港の騒動。

スウェーデンまで直行じゃなく、乗り換えなきゃいけないのが怖かったと。
3時間乗り継ぎ時間があって、乗り継ぎの乗り場(搭乗口のことだよね)らしき前まで行って
心配だから電話してっていわれてたからお母さんに「もう乗り継ぎの場所の前にいるからって」電話したんだって
きゃ~かわいい~ ママも心配でしょうがなかったんだろうね~わかるわ~
ジュースを2本も買ってウロウロしたり過ごしてから、
ふと不安になったのか、近くの人にチケットを見せて「ここでいいんですよね?」って聞いたら
「全然違う反対側の飛行場だ」と言われた!

慌ててまっすー曰くA地点から広い空港の反対側B地点へ電車(空港内トラムみたいなのかな?」に乗って移動。ところが、そこで確かめるとまた違うといわれ、「hurry up!」とか言われテンパって「Where where?」とテンパって聞いたら 結局またA地点へもどらなきゃならないと。
しかも、A地点に戻るには一度やったセキュリティーチェックをまたやらされて、せっかく買ってまだ手つかずのジュースを取り上げられて「そんなにしなくても」って風に乱暴に「ボン!!」って捨てられちゃった(笑)
「やべえー、やべえー」と汗びしょりになって走ったって。
走りながら、これ乗り遅れたら次の便のチケットとるとかできそうもないし、
「ここで野宿だ」と思ったそうな(爆)

やっとたどり着いたのが出発時刻1分過ぎてて、必死で「もう出ちゃったのか?」と聞いたら、
飛行機が遅れてて大丈夫だと「Take it easy!」て笑って言われたけど、まだ不安だったらしい。

ああ、よかったね~まっすー
ものすごいテンパリ様が伝わってきてたよ。
しかし、つまりは最初にA地点で聞いた人がいらんウソ教えてって事だよね。
子供にもよく言うんだけど、物を聞くのは通りすがりの人じゃなくて、
空港や駅の職員さんに聞かないとダメだよね。
自信満々にウソ言う人いるからね~


私もちょうどマッスーぐらいの歳で初めて一人でデンバーまで行った時の事思い出した。
義兄の駐在でアメリカにいた姉に会いに行ったんだけど、まっすーと同じでロスでの乗り継ぎがめっちゃ不安で、
時間に余裕があったはずなのに、ついたら乗り継ぎ便の出発まで30分しかなくて、移動のバス乗り場が分からなくて、「where where?」叫びまくって(いざという時、英語ってビックリするぼど出てこない!)テンパって走りまわって、やっと着いたら皆の~んびり座ってて、??
良く考えたら自分が時計を合わせたのは東部アメリカ時間で、西部のロスとは1時間ずれてたんでした。
やっぱり、やっとお姉ちゃんに会えた時は泣きそうになったよ。
そんな経験もあり、まっすーの心細さとかテンパリが痛いほど伝わってきたマスヒツでした。

何事も経験。こうやって大人になるんだよね。
自分でも「大人になった」って言ってたけど、
もう国内なんてどこでも行けちゃいますね~ちょっと香川にうどん食べにとか~って、
喜べ香川のマス担さん!スウェーデンと香川並んじゃってますから(笑)
この感覚が面白いよね~

はあ~、久々に思い切り書いてすっきりした~
さあ、お仕事頑張ります!
って、え?もうすぐ昼じゃん!!
「マジ、やべえーー!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶらうにい

Author:ぶらうにい
NEWS、テゴマスの増田貴久クンを応援しています。2009年秋頃からのファンです。
まっすーのお母さん世代のおばちゃまです。家族は夫と今年20歳になる娘1人(マカロンの名前で登場)の3人。

お返事はコメント欄のコメントのみさせていただき、拍手コメントのお返事は原則失礼させていただきますm(__)m  でも、すべてのコメントは楽しみに必ず読ませていただいています。

現在、コメントは認証制にさせていただいています。公開にふさわしくない内容や、ブログの内容に関係のないコメントは非公開、または削除させていただく場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。